大阪のOLと恋人になった事例|援交掲示板~初心者ガイド

新宿歌舞伎町で援交した19才の女性

新宿歌舞伎町の女性

 

新宿歌舞伎町は援交案件の吹き溜まりと言っても過言じゃあない。よく探せばタダマンだってできるかもしれん。

 

新宿で出会い系サイトの掲示板を開けばゴロゴロと金欠女性どもが募集している。

 

今や女がセックスをするのに金を取るのは当然と言える時代だ。出会い系サイトにも援助、つまり金を求めて股を開く女がこぞって集まってくる。

 

出会い系サイトの掲示板を軽く覗くだけで、援助を求める女が山のように存在する。そういった女を口説くのはとにかく楽だ。

 

掲示板の書き込みを見て、早押しのようにスピード勝負でメールを送る必要などない。交渉相場でライバルの男よりも高い金を積めば、一発逆転して裏風俗嬢とのセックスを楽しめてしまうのである。

 

 

前回出会った女もそうだった。既に掲示板に情報が書き込まれてから約2時間が経過していたが、他の男の交渉相場を聞き、それよりも5千円高い金額を払って援助すると申し出ると簡単に他の男から乗り換えてきた。

 

 

中には援デリという援助の斡旋業者を介してくる女もいるが、俺はもっぱら援デリの女は避けている。

 

 

 

以前に一度だけ援デリの女と関係を持ったことがあったが、業者は回転率を高めることを意識しているためか丁寧な対応が一切無かった。

 

それ以来、出会い系サイトでは掲示板に書き込んでいる情報を見分け、素人の裏風俗嬢だけを選ぶように心がけている。

 

見分け方にはコツがいるが、プロフィール画像を設定していたり、連絡先を教えることを警戒する女は大半が完全な素人だ。

 

新宿の歌舞伎町の地下鉄3丁目駅で待ち合わせたサキという女も狙い通りの素人だった。

 

サキは専門学校生の19歳で、小柄でムッチリとした体格。太り気味ではあるがFカップというバストが一番の魅力だった。

 

 

サキは実家暮らしであるためあまりのんびりすることができず、歌舞伎町で夕方の待ち合わせだったが食事をすることもなくそのまま歌舞伎町のホテル街へ向かった。

 

 

金は先払いを要求されたが、逃げられないように一緒にシャワーを浴びることを条件にこれを承諾し、交渉は成立した。

 

 

援助を申し出た理由について尋ねると、普通に働くのが面倒だからということだった。そんな理由で近頃の女は、二回りも歳が離れた男に簡単に抱かれる。

 

新宿歌舞伎町の女性