定期で会える関係|援交掲示板~初心者ガイド

援交で定期的に出会い続ける関係の行く末

援交で定期的に出会い続けると、予想外の関係に発展する場合があります。普通、援交の出会いは、その場限りが9割です。良くも悪くも、それ以上に発展するケースは少ない。しかし、援交女性と定期的に出会い続けると、男女関係に発展したり、セフレに近い関係になったり、依存されたりするケースがあります。

 

援交で後悔しない為の7つのポイント

 

援交希望の女性は、単発的に援助してくれる大勢の男性と関わりを持つよりも、1人の男性から何度も援助をしてくれるパパ的な男性との出会いを望んでいる傾向が強いのではないかと思われます。なぜなら、性病や犯罪に巻き込まれるリスクが低減されるからです。そして、一番面倒くさい、新規の客を集客する手間が省けるからだと思われるからです。

 

援交女性と必要以上な関係になりたくない男性は、その場限りの出会いをするほうが良いでしょう。もしも、既婚男性や、恋人がいる男性の場合は、援交女性との関係がドロ沼可する可能性も否めないからです。

 

私が経験した定期的な出会いによる発展系は3種類です。

 

定期による恋愛関係

身体だけだと割り切った関係を何度も繰り返すうちに、男女双方に情愛が生まれるケースです。恋愛感情を一切封じ込めている援交女性が大半ですが、一目惚れ、お互いに気が合う気持ちなどによって恋愛関係が生じてしまうのは仕方ないように思えます。風俗嬢が、馴染みの客と同棲や結婚までに至るのが珍しくないように、援交女性と買春男性との恋愛も存在します。

 

定期によるセフレ関係

定期による恋愛関係と似ていますが、男性から金銭の授与が消滅して、いつの間にか、お互いに都合の良い関係として成立している状態。セフレ関係を築くために意図的に定期客から関係を始める男性もいるようです。女性の中には、こうした情愛に溺れる関係を恐れて、あえて新規の男性としか関わらない女性もいるくらいです。

 

定期による依存関係

援交女性に恋愛感情はないが、金銭的には依存している関係のことを言います。定期の客のことをパパと呼ぶ女性もいます。まるで人気のキャバ嬢が、馴染みの男性客に貢がせるように仕向けているのと似ています。悪い意味では金づる。良い意味では、愛人を囲うのと似ている関係です。